流出したハンター氏とオバマ氏がホワイトハウスで面会した写真の裏側真相は?

作者:Kana2020(ヒマラヤ東京桜花団)

ハンター氏のパソコンのハードディスクからある流出した写真が注目されている。路徳社は10月26日に写真の裏側に隠れた真相について究明した。この写真は2016年4月4日に監視カメラで撮影された動画から切り取ったもので、ハンター氏とオバマ氏が何かについて話し合っている様子を撮影されたのだ。ハンター氏は政府関係者じゃないのに、何で簡単にシークレッササービスも突破でき、ホワイトハウスでオバマ氏に会えるのか。その裏側には衝撃な秘密が隠れていた。

これは2016年4月1日に習近平氏がワシントンDCに訪れたことから遡る。表にオバマ氏と会ったことを報道されたのが、ハンター氏と密会したことはどこでも報道されなかった。その後、ホワイトハウスで撮影された写真の25時間後に、ハンターのパソコンに10億ドルが振り込まれたメッセージが表示された。この10億ドルは一連の物語を語っている。

一体ハンター氏はオバマ氏と何について語ったのか。それはジョン・バイデン氏とハンターバイデン氏が中共から10億ドルを貰って、ハンター氏は仲介人としてオバマ氏に中共の要求を伝えていた。具体的にアメリカは中共が南シナ海を軍事化したことを容認したり、また中共国におけるCIAのスパイリストを中共に提供したりする衝撃な内容が含まれていた。

上述の写真とビデオはジョン・バイデン氏自らから習近平氏に渡したようで、ハンター氏は自分自身これこの取引が成り立っていることを証明したいため、自分のパソコンにもデータを保存した。これはハンター氏とジョン氏は親子関係ではなく、本当はビジネスパートナーだと物語った。写真及びビデオはシークレッササービスからジョン・バイデン氏に渡したそうで、本当のホワイトハウスの主宰者はオバマ氏ではなく、ジョン・バイデン氏だと示されていた。オバマ氏はもちろんこの話は10億ドルの価値があると知らされてなく、自分自身の利益を得るため、本の少しの金でアメリカの国益を裏切った。ジョン・ハンター氏、ハンター・バイデン氏及びオバマ氏たちこそ、アメリカの裏切り者だ。

中共が長年にわたりBGYなどの手段を使い、ホワイトハウス大統領の首席補佐官を操ることによって、大統領までコントロールできていた。今回の中共ウイルスもその証拠のひとつだと思われる。爆料革命は我々中国人だけではなく、全世界の人々を中共から救われるだなあと改めて実感した。

5+
1 评论
Inline Feedbacks
View all comments
yuanqi
6 月 之前

利益勾兑外加黑吃黑!奥巴马,还不站出来?你个软蛋!🌸🌸

0

热门文章

xbwen7m

10月 26日