タトゥーは地図にぴったり 偶然か陰謀か?

作者:東游記(ヒマラヤ東京櫻花団)

和訳:折耳猫、Kana2020、清晨的陽光、定於二尊、旭鵬(文鵬)

ファイブフィンガーレイクス(Finger Lakes)は、米国ニューヨーク州の北西部に位置して、指のような、形が異なるいくつかの細長い氷河湖で構成されている。インディアンの伝説によると、フィンガーレイクは、神が万物を創造していた間、地面に手を置いてお休みした時に残された跡である。

自然が美しく、文化も盛んな場所である。

セネカ湖(Seneca Lake)沿いのワイナリー、コーニングのガラス博物館、公園内のビーズカーテンが吊るされたような滝、名門コーネル大学、マーク・トウェインの故郷、ニューヨーク州立サラ・ローレンス大学などが集まっている。まさに観光客が一度来たら帰りたくない景勝地である。

しかし…

これらのすべての美しい光景は、ハンター・バイデン氏の一連のスキャンダルの暴露によって、恐怖の影に包まれている。

天国それとも地獄?

ファイブフィンガーレイクスはカナダとアメリカの国境に接している場所にある。18世紀中期に建設された国際貿易の為の輸送ルートであり、ここには廃棄された軍事バンカーが多数残されている。内戦が始まった前と内戦中に奴隷はこのルートを通って逃げ出して自由を得たのだ。

奴隷が自由になった場所なのに、なぜ多くの自由な人が奴隷になってしまったのだろう。

この写真から分かるのはハンター・バイデン氏のタトゥがファイブフィンガーレイクスをモデルにしたものだ。具体的な意味が我々には分からないが、本人から見せびらかされた写真として必ず深刻な意味があることは想像できる。

当てて見てみよう。とある秘密の高級クラブの独特なシンボルマークであろうか。より多くの写真等の証拠が明るみにされるにつれて、真相は徐々に浮かび上がってくることを信じる。

郭さんは、ハンターが児童誘拐人身売買事件に巻き込まれていると言及したことがある。

毎年アメリカだけでも75万人の失踪児童があり、その殆どが見つかって戻されるが、中国、フランス、東欧などの国では失踪して見つからない子供が沢山ある。これらの子供達は一体どこに行っただろうか。

秘密ルート、辺鄙な地方、高級な豪邸、ゴルフ場・・・・・・郭さんの爆料と結びついて考えると、目の前の全てはここが失踪児童の監禁収容地、悪魔の快楽に供する場所ではないかと連想させられているのだ。

このような古城式の豪邸には、子供が飼育されて、弄ばされ、殺害されることが起きているだろうか。

先日、大騒ぎされている「三つのハードディスク」でもハンター・バイデン氏及びその他の人が子供を虐げる事実を暴露されていた。

ハンター・バイデン氏は背中のタトゥがファイブフィンガーレイクスの図案にピッタリだけでなく、彼が所有している会社の名前もこの湖と解けない縁がある。

ファイブフィンガーレイクスには面積が最大の湖であるセネカ湖(Seneca Lake)がある。ハンター・バイデン氏は2009年に設立した投資キャピタル会社ロズモントセネカパートナーズ(Rosemont Seneca Partners)及び系列会社の名前にセネカという名が入っている。因みにハンターはこの湖に対して深い愛着を持っている。

こう見れば、ハンター氏はこの湖に愛着があるようだ。

こんな目立たない所に、まさかアメリカの政商界に深く関わっているとは考えにくい。

こういう件から2016年のウィキペディアが解読したヒラリー氏の私用メール問題に思いついた。その中に、オバマ氏はヒラリー氏に送ったメールで彼が出前を注文したく、「ピザとホットドッグをホワイトハウスに持ってきて」と書いていた。ヒラリー氏は彼に「あんたはもう狂ったんじゃないの。これは難しいよ」と叱責した。こういう会話は普通から見れば理解しがたい。

ペドフィリアの領域では、ピザ、ホットドッグ、ハンカチなどはそれぞれ男児、女児、処女の代称である。オバマ氏のペドフィリアは写真からも事実からも根拠になることが実在している。それに、最近ハンターバイデン氏はオバマ氏の娘さんと一緒に麻薬を吸うスキャンダルが暴露されたことから、こういう深い関係があるからこそ、オバマ氏がバイデン氏に支持することも無理もないことだろう

闇サイトから子供たちが虐待され、手足が切断され、歯が抜かれている画像も見られる… 数々の惨めな扱いを受けていた。例えば、これらの悪魔達は子供に恐怖を与え、体内にアドレナリンをより多く生成させてから子供たちの血を抽出し、自分に永遠の若さを保つようにする。

 人間の想像を超えるこのような変態的なことが現代の文明の世界に起こるとは想像しがたいのだ。

 もし、この世界がバイデンのような悪魔に支配されていたら、私達自身が地獄に落ちるだけでなく、私たちの子供たちや子孫も彼らの奴隷になるかもしれない。

 新中国連邦の勇士たちは、自分たちの自由の為だけでなく、私たちの子供たちや子孫のために、そして人類全体の文明のために戦っている!

(校正:定於二尊)

3+
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments